Turbolinux 8 workstation(TLW8)

Athlon XP 1700+で使用

インストール後の設定他

インストールした物や周辺環境はこちら

{1}
ATOK X にて漢字入力のON/OFFを、標準の[ctrl]+[space]から、 [shift]+[space]にする。
(XEmacsの範囲指定が[ctrl]+[space]である)

# touch /usr/lib/im/locale/ja/atokserver/shift_space
[参考] http://www.turbolinux.co.jp/knowledge/public/426.html


{2}
mew1.94からmew2.2への変更に伴う設定
~/.mew.elを作成

(1)以前使っていた~/.im/Configの設定を~/.mew.elへ移行

("mail-domain" . "foo.jp")
("user" . "hoge")
("name" . "hoge foo")
("smtp-server" . "localhost")
("pop-server" . "localhost")
("mailbox-type" . mbox)
("mbox-command" . "incm")
(2)スレッド表示用(tを2回押す)を~/.mew.elへ
(setq mew-use-fancy-thread t)
(setq mew-fancy-thread-indent-strings
      ["├" "└" "│" " "])
(setq mew-scan-form-list
      '(
        (("[+/]inbox" "[+/]draft$")
        (-4 type (5 date) " " (5 time) " "
             (17 from) " " (-4 size) " " t (0 subj)))
        (t
         (-5 type (5 date) " "
             (17 from) " " (-4 size) " " t (0 subj)))
        ))
(3)IMを使用しなくなったので、
$ cp ~/.im/Aliases ~/Mail/Addrbook
[参考] http://tats.iris.ne.jp/mew/
mew2.2からmew2.3へは変更無し


{3}
mozillaのバージョンアップ
mozillaからwazillaへ
wazillaからfirebirdへ
[参考] http://w3.ensen.net/linux/mozilla100.html
さらにwazilla1.0へ
[参考] http://w3.ensen.net/linux/wazilla10.html
さらにwazilla1.1へ
[参考] http://w3.ensen.net/linux/wazilla11.html
さらにwazilla1.3へ
[参考] http://w3.ensen.net/linux/wazilla11.html
さらにfirebird0.6へ
[参考] http://w3.ensen.net/linux/firebird06.html
flashpalyerのインストール
[参考] http://w3.ensen.net/linux/flashplayer.html


{4}
KM266(VT8233A)でATA100(ATA133)は自動認識される。
[参考] http://w3.ensen.net/linux/vt8233a.html


{5}
VMware3.1が起動しない。
多分カーネルのせい。RedHat7.3やkondara-2.1のバージョン2.4.18では、動作 しているようだ。
kernel-2.4.18-2にバージョンアップしてもダメ。
ただし、以下のようにカーネルの再構築をすればOK!

# cd /usr/src/linux
# ./SetupKernelSource.sh i586
# make xconfig
ここで、[Processor type and features]の中の[Local APIC support on uniprocessors]を N にする。
# make dep
# make clean
# make bzImage
# make modules
# make modules_install
# make install
この時の.config

[参考]http://www.turbolinux.co.jp/dcforum/DCForumID11/3754.html

Networld にて解決策が示されました。
[参考]http://www.networld.co.jp/products/vmware/faq/ws_install_a2.htm#19

やっと、TurboLinuxサイトにて解決策が示されました。
カーネルを新しくする毎に、このパッチをあてる必要があります。
中身は以下のとおり
--- linux/include/linux/autoconf-up.h.orig      Fri Jun 14 17:00:33 2002
+++ linux/include/linux/autoconf-up.h   Fri Jun 14 17:03:33 2002
@@ -75,10 +75,10 @@
 #undef  CONFIG_MATH_EMULATION
 #define CONFIG_MTRR 1
 #undef  CONFIG_SMP
-#define CONFIG_X86_UP_APIC 1
-#define CONFIG_X86_UP_IOAPIC 1
-#define CONFIG_X86_LOCAL_APIC 1
-#define CONFIG_X86_IO_APIC 1
+#undef CONFIG_X86_UP_APIC
+#undef CONFIG_X86_UP_IOAPIC
+#undef CONFIG_X86_LOCAL_APIC
+#undef CONFIG_X86_IO_APIC
 #define CONFIG_MXT 1
 
 /*

[参考]http://www.turbolinux.co.jp/knowledge/public/504.html


{6}
xemacs上でaucTeXのデフォルトがjlatexになっている。
latexに変更が必要。
/usr/lib/xemacs/xemacs-packages/lisp/auctex/tex-jp.el.gzからtex-jp.elc を作り直す?
[参考]


{7}
StarSuite6.0を~/にインストールした際のKDEのメニュー表示について
~/.kde2配下に作られていた。
アンインストール後、/usr/localにインストールすれば勝手に表示された。
(ネットワークインストール(./setup -net)をすること!)
[参考]


{8}
KOnCDを一般ユーザで使う
# chmod u+s /usr/bin/cdrecord
[参考]http://w3.ensen.net/linux/ide-scsi.html
[参考]/usr/share/doc/HTML/turbolinux/ja_JP/manual/user_guide/user_guide/koncd.html


{9}
mirrorを使ってFWTK越えでWebサーバと同期をとる
mirrorのための設定ファイルを作成する。
ファイル名はなんでもよいが、とりあえず、mirror.defaultsとする。

package=default
site=192.168.1.1 #ftp proxy
remote_user=webmaster@www.hogehoge.jp #ユーザ名@サーバ名
remote_password=password #パスワード
remote_dir=/public_html #サーバのディレクトリ
local_dir=/home/html/public_html/ #自マシンのディレクトリ
get_file=false #putをするのに必須
do_deletes=true #こちらに無いファイルはサーバ側で削除する
file_mode=0644 #これをしないとアクセスすら...
local_ignore=(.htaccess|cgi-bin) #正規表現でputしない物を指定
以下のコマンドでテストをする。
$ mirror -n mirror.defaults
ただしく動作したようなら
$ mirror -d mirror.defaults
cronにでも登録しておけば、自動的に。
[参考]


{10}
win98(vfat)領域をmountして、日本語ファイル名を表示させる
/etc/fstabを以下のように編集する。
/dev/hda1 /mnt/win vfat defaults,noexec,umask=027,uid=500,gid=500,codepage=932,iocharset=euc-jp 1 4
この際、read write権も与えると便利。
[参考]


{11}
StarSuite 6.0 Product Patch 1を適用する
(1. 6.0 の不具合修正)
(2. 文書縦書き機能追加)
(3. 文字用グリッド線表示機能追加)
112887-02.tarを入手、展開しインストールする。
$ tar xvf 112887-02.tar
$ cd 112887-02
$ su
# ./so-6_0-pp1-bin-linux.bin
[参考]StarSuite 6.0 Product Patch 1 のダウンロード
StarSuite 6.0 Product Update 2を適用する (Product Patch 1 の内容を含んでいる)
(1. 文書縦書き機能追加)
(2. 文字用グリッド線表示機能追加)
(3. 差し込み印刷の送信の変更)
(4. マクロおよびハイパーリンクのセキュリティ設定の変更)
112887-03.tar.Zを入手、展開しインストールする。
$ zcat 112887-03.tar.Z | tar xvf -
$ cd 112887-03
$ su
# ./so-6_0-pp2-bin-linux.bin -patch:/usr/local/starsuite6.0
[参考]StarSuite 6.0 Product Update 2 のダウンロード
StarSuite 6.0 Product Update 3を適用する (Product Patch 2 の内容を含んでいる)
112887-04.tarを入手、展開しインストールする。
$ tar xvf 112887-04.tar
$ cd 112887-04
$ su
# ./so-6_0-pp3-bin-linux.bin -patch:/usr/local/starsuite6.0
[参考]StarSuite 6.0 Product Update のダウンロード


{12}
VMware3.1からVMware3.2へ
# rpm -Uvh VMware-workstation-3.2.0-2230.i386.rpm
# vmware-config.pl
VMwareを起動する
VMware Toolsをインストールする
(マイコンピュータの中で、CD-ROM(VMware Tools)として表示されている)
VMwareを再起動する
[参考]Workstation 3.2 アップグレード


{13}
GIMP用のフリーフォント
# cd /usr/X11R6/lib/X11/fonts/
# tar xvzf /tmp/freefont-0.10.tar.gz
# cd freefont
# rm -fr *.license *.tgz
# xset fp+ /usr/X11R6/lib/X11/fonts/freefont
# xset fp rehash
/etc/X11/XF86Configに以下の1行を付け足す。
FontPath "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/freefont/"
[参考]http://www.gimp.org/fonts.html


{14}
VMwareでのサウンド
[Settings]→[Configuration Editor]→[Sound]→[Start Connected]→[install]
ゲストOS上で「Creative Technology Ltd.」の「Sound Blaster 16 or AWE32またはサウンドデバイス互換」をインストールする
[参考]


{15}
LAN上のPSプリンタに出力
kupsを起動し、設定を行う。(簡単なので省略)
psファイルの場合 lpr filename.ps

a2psの設定

~/.a2ps/a2psrcを作成する。

dviファイルの場合 a2ps filename.dvi
テキストファイルの場合 a2ps filename.txt
wazillaやstarsuiteは印刷ボタンを押すだけでOK
[参考]


{16}
ISOイメージファイルをCDに焼く

○接続デバイスの確認
$ su
# cdrecord -scanbus
Cdrecord 1.10 (i686-pc-linux-gnu) Copyright (C) 1995-2001 Jg Schilling
Linux sg driver version: 3.1.24
Using libscg version 'schily-0.5'
scsibus0:
        0,0,0     0) 'PHILIPS ' '241240 CDRW     ' '1.0C' Removable CD-ROM
        0,1,0     1) *
        0,2,0     2) *
        0,3,0     3) *
        0,4,0     4) *
        0,5,0     5) *
        0,6,0     6) *
        0,7,0     7) *

○書き込みのテスト
# cdrecord -dummy -v -dao dev=0,0,0 speed=24 -data filename
Cdrecord 1.10 (i686-pc-linux-gnu) Copyright (C) 1995-2001 Jg Schilling
TOC Type: 1 = CD-ROM
scsidev: '0,0,0'
scsibus: 0 target: 0 lun: 0
Linux sg driver version: 3.1.24
Using libscg version 'schily-0.5'
atapi: 1
Device type    : Removable CD-ROM
Version        : 0
Response Format: 1
Vendor_info    : 'PHILIPS '
Identifikation : '241240 CDRW     '
Revision       : '1.0C'
Device seems to be: Generic mmc CD-RW.
Using generic SCSI-3/mmc CD-R driver (mmc_cdr).
Driver flags   : SWABAUDIO
Drive buf size : 1825152 = 1782 KB
FIFO size      : 4194304 = 4096 KB
Track 01: data  368 MB        
Total size:     423 MB (41:57.76) = 188832 sectors
Lout start:     423 MB (41:59/57) = 188832 sectors
Current Secsize: 2048
ATIP info from disk:
  Indicated writing power: 5
  Is not unrestricted
  Is not erasable
  Disk sub type: Medium Type A, high Beta category (A+) (3)
  ATIP start of lead in:  -12513 (97:15/12)
  ATIP start of lead out: 359849 (79:59/74)
Disk type:    Long strategy type (Cyanine, AZO or similar)
Manuf. index: 22
Manufacturer: Ritek Co.
Blocks total: 359849 Blocks current: 359849 Blocks remaining: 171017
Starting to write CD/DVD at speed 24 in dummy mode for single session.
Last chance to quit, starting dummy write in 0 seconds. Operation starts.
Waiting for reader process to fill input buffer ... input buffer ready.
Sending CUE sheet...
Writing pregap for track 1 at -150
Starting new track at sector: 0
Track 01: 368 of 368 MB written (fifo 100%).
Track 01: Total bytes read/written: 386727936/386727936 (188832 sectors).
Writing  time:  339.884s
Fixating...
WARNING: Some drives don't like fixation in dummy mode.
Fixating time:   11.277s
cdrecord: fifo had 6092 puts and 6092 gets.
cdrecord: fifo was 0 times empty and 6018 times full, min fill was 95%.

○書き込みの実行
# cdrecord -v -dao dev=0,0,0 speed=24 -data filename
[参考] http://www.turbolinux.co.jp/support/tech/updatekit/tl8w/mkcd-1.html


{17}
7in1カードリーダ・ライタを使う
標準カーネルでは、SCSIのlun0しか認識しないので、lun1以降をスキャンさせ るため、起動時にパラメータを渡してやる。
/boot/grub/grub.confに以下を追加。
kernel (hd0,4)/vmlinuz root=/dev/hda6 hdd=ide-scsi max_scsi_luns=4
その他はここに書いたので省略。

[参考]http://w3.ensen.net/linux/usb.html
[参考]http://w3.ensen.net/linux/usb2.html
[参考] http://www.turbolinux.co.jp/knowledge/public/552.html


{18}
CPU温度を表示するツール
lm_sensorsの設定はここに書いたので省略。
gkrellm-1.2.13-1.i386.rpmをインストールする。

[参考]http://w3.ensen.net/linux/cputemp.html
[参考]http://www.yk.rim.or.jp/~kawagisi/RRDstats.html


{19}
...

[参考]


Last modified: Mon Sep 11 21:53:52 JST 2006